1. ホーム
  2. モテる会話術
  3. ≫ダブルバインドの例文 恋愛に効く誘い方

ダブルバインドの例文 恋愛に効く誘い方

PAK86_nomimonoganarabutable500

心理学に分類してもいいかもしれませんが

ダブルバインド(二重拘束)という言葉があります。

これは会話の中における心理誘導でAかBどちらかを相手方自信に選ばせることで自分側の思い通りのゴールへ相手の行動を促す手法となります。

催眠術やNLP的な手法で基本的な話術となっているのではないでしょうか。

 

では、ダブルバインドの例文をあげてみましょう。

同じ会社に勤める、ある男性(裕二)がある女性(サエコ)をデートに誘いたいとします。

この時、会話における裕二が求めるゴールはサエコとのデートの約束をとりつけるところとします。

一般の会話例

裕二:今度の土曜日にデートしないかい?

サエコ:うーん、(少し考えた振り)予定見てみないとわからないから後で返事するね。

この場合、会話の中で結果は見えてませんが、単純にその場でデートの誘いを断るという行為ではなく、その場では失礼の無い言葉で返し、あとで断るなり誘いに乗るなりサエコのペースへ関係を依存する形になっています。

これをダブルバインドの理論に乗せて進めてみると

裕二:あのさ、、

はじめての男性と二人で食事に行くとしたらイタリアンみたいな洋食?

それとも焼き鳥みたいな和食系?

どっちがいい?

サエコ:うーん、ワタシは気取った場所より焼き鳥みたいな庶民的な店がいいかな^^

裕二:じゃあ、焼き鳥食べに行くとしたらお酒も飲むよね?

飲みに行くとしたら土曜日か日曜日どっちがいい?

サエコ:そうだね、お酒飲むし次の日が休みの土曜日がいいかな、、。

裕二:オッケー、

じゃ、今度の土曜日、知ってるいい焼き鳥屋紹介するよ。

いけるよね?

サエコ:うん、いいね^^

 

このような流れになります。

この二人のやりとりの中にダブルバインドの要素があります。

1,イタリアンと焼き鳥屋

どちらに転んでも目的である二人で食事という行動(ゴール)

2、土曜日と日曜日

どちらに転んでも二人で休日を過ごす行動(デート)

このように会話の中にデートという拒否反応を起こされるかもしれない言葉を使わずに、どちらに転んでも目的とするゴールに値するような言葉を織り交ぜ、対話者自身の判断にゆだねながら自分のペースで会話を進めるような手法。

これを催眠術などの世界ではダブルバインドと呼んでいます。

さまざまなシーンで応用できる攻め文句を用意しておくことで恋愛でもビジネスシーンでも活用できることでしょう。

もちろん、会話の前にはある程度のラポール(信頼関係)を形成しておくことがポイントです。

心理的会話術を練習できるオンナを探す

このような会話術を使って実際にオンナを抱く。

大事な女性で実践するのが最終目的ですが、男は心の準備が必要です。

このような簡単にセックスできる女性を相手に会話の練習をすることで男を磨く事ができます。男はいろんなオンナを抱くことでより魅力的な男に成長するのです。

 

スポンサーリンク
PCMAXで援助交際を避けてセフレを探す

感じることがございましたらシェアをお願いします

※)女性にはヒミツの男が使う裏技
人妻だからセフレに出来るすぐセックス出来る出会いの手順書:出会ってすぐ肉体関係になる抱き心地のいい奥さんと知り合う方法。
童貞でもラブホでセックス出来る出会い系サイト攻略法:ムラムラした時に右手のかわりに突っ込みたい抱ける女が待つ今すぐ会いたい掲示板。