援助交際を考える18歳未満JKや頭の悪い子供たちに知ってもらいたい大人の売春事情

エンコーしてみようかな?

と考えてる女子高生のみなさん、

あるいはJK世代の18歳未満の少女のみなさんへ

簡単にお小遣いを稼げるというエンコーについてのお話です。

エンコーってバイトだと思ってませんか?

おじさんは、未来ある若者たちがエンコーするのはとっても反対です。。

しかし人間何をするのも自由です。

君たちは「やるな!」と言うとやっちゃうよね。

だから「やるな!」とは言わないよ。

ここではオジサンが知ってるエンコーを取り巻く社会の仕組みを教えてあげます。

エンコーってまあまあコワイんで

オジサンが知ってることしか言えないけど知ってることだけ書いておくよ。

この記事は18歳未満の方へ向けた内容です。

エンコーって楽してお金稼ぎできて楽しそうですよね。

お金あったら好きなもの買える。

お金あったら他人を妬まずに済む。

そんな風に思ってる方へのアドバイスです。

後半のノンフィクションなお話はちょっと刺激が強すぎるかもしれませんが、ここは誰も教えてくれない現代社会の性教育の場という感じで見てもらえればいいかなと思ってます。

では

おじさんが知ってるエンコーのお話です。

エンコーとは

○美って最近、ケバくない?持ち物ブランドやし~

絶対エンコーしてるよね

こんな感じでエンコーという言葉を最初に耳にすることでしょう。

エンコー=援交

援交というのは援助交際の略語なんです。

お金に余裕のある大人の男性から2万円とか3万円貰ってセックスするんです。

それを援助交際、略して援交と言います。

要はお金貰ってHするんです。

見ず知らずのおじさんと楽しいHです。

私もお金欲しいから若いうちにヤッとこかな

そう思ってしまうのがアタリマエかもしれませんね。

援交はセックスするだけなので楽ちんです。

セックスは本来、大人同士がするものです。

大人になってない子供がセックスなんてするもんではないんです。

現代社会で大人として認められるのは満20歳を超えてる成人だけです。

大人と子供がセックスするとどうなるのでしょうか?

興味津津(きょうみしんしん)ですよね。

大人って考えてることが複雑なんですよ。

表向きはお金のためにセックスなんてしないんです。

だから大人なんです。

10代の若い子を狙う大人ってどんな人かな?

勉強していこう(*´ω`*)

若い女子にお金を払う大人の男性はこういう人

若い女の子とエッチなことするためにお金を払う大人ってどんな人でしょうか?

15歳とか16歳とか若い女の子に

とんでもなくイヤらしいことをサせたいと思ってる大人、とっても頭のいいロリコンという種類の大人の男性がそのHのお相手になります。

相手になる男性はみんなロリコンなので子どもたちよりも、ずっと頭がいい大人です。

頭がいいから、頭の悪い子どもたちをターゲットにします。

女子高生や18歳未満の子供は社会経験が浅いので頭悪いです。

大人から見れば女子高生の交渉力なんてみんな犬以下です。

お手!おすわり!

お金言葉で何でも言いなりに出来るんです。

交渉(要件を言い合うこと)の場ではお金を欲しがる女子高生なんて防御力ゼロに近いわけです。

そもそもお金欲しいからという考えが弱点なんで弱いです。

人間はお金に弱いです。

楽勝で大人に言い負かされますよ。

言い負かされて言いなりです。

世の中は人間同士の騙し合いです

大人の社会はみんな騙し合いです。

騙し合いで勝てる人間がお金持ちになるんです。

大人はみんなそんな社会で自分を守るための知識や経験を身に着けます。

騙し合いの現実社会、

そんな大人の社会を知らない女子高生や若い女の子が、騙し合いに慣れてる大人と出会うとどうなるか?

騙し合いの大人社会で百戦錬磨頭のいいロリコンたちを前にした時、一体何をされるんでしょうか?

簡単にベッドの上で言いくるめられて

あんなこと」や「こんなこと」とか「え、そんなことまで

みたいなことサれちゃうんですよ。

何されるかわからないですよね。

君たち子供は頭悪いから

でも、お金貰えるなら我慢できるよね。

まじ卍だよね。

ロリコンとは

ロリコン=ロリータ・コンプレックスの略語です。

君たちのような子供よりもずっと頭のいい大人です。

ロリコンの発想がどんだけ具体的で細かいか?というのはGoogleで検索するとわかりますよ。

ロリ 陵辱」Google画像検索

なんて感じで画像検索すればわかります。

ずらずら出て来る画像見ましたか?

想像力が豊かでしょ?

こんなことがしたい大人たちがロリコンです。

ちなみに、

こういうのはセックスではありません。

セックスってもっと素敵で精神的に美しいものです。

若い子が好きなロリコン男性がしたい行為は陵辱です。

ロリコンの画像とか2次元映像って陵辱っていうレイプ気味性癖を表現するものが多いんです。

つまりですね、

一般的な男女が正常に行うセックスとは違う性行為が好きなんです。

相手が痛がる行為や、とっても嫌がる顔を見るのが好きなんです。

  • 相手が嫌がることを強引に強要する性的行為
  • 男が持つ征服欲を満足させるようないやらしい行為

そんな強引で相手が嫌がることを強要するエロいことが大好きなんですよ。

ロリコンの人たちから若い子は

こういうことが出来る女

そんな目で見られてるんです。

嫌がることをして手懐けるのがゴールなんです。

動物と一緒です。

ペットのようなものです。

自分の支配下に置きたいんです。

動物ってムチでシゴカれたり、叩かれていくうちに手なづけれるでしょ?

あれと一緒です。

ペットにしたいんです。

なつかない犬ほど叩いて手なづける。

そういうもんです。

お金を欲しがる頭悪い子にお金というエサを上げれば簡単に下僕に出来るんです。

※下僕=ペット と読んでください。

どうです?

それでもお金貰えるなら嬉しいですか?

嬉しいですよね♪

まだ頭悪いから。

ロリコンの大人ってどんな人?がわかる外部記事

「悩みを聞いてくれるやさしい親切なおじさん」。42歳、無職の男はインターネット上でそう評判となり、40人もの少女たちと無償で関係を持っていた。

見知らぬおじさんに近づくと思わぬ想定外のイタズラをされちゃうよ。

http://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/140122/evt14012212460018-n1.html

基本的にA型男性はロリコン・年下好みです。

貧乳好きの男性で特徴とはズバリ甘えん坊

征服心が強く、非現実的な世界を望みます。
その結果がゲームやアニメの虜になり非現実的な世界で自分が活躍できる世界を楽しんでいる。

https://matome.naver.jp/odai/2146328029479463701

A型貧乳好きのおじさんが見ると少し偏ったまとめですが参考にすると言いですよ。

恋愛対象が未就学児をハイジコンプレックス(ハイコン)、小学生をアリスコンプレックス(アリコン)、中高生をロリータコンプレックス(ロリコン)という定義の仕方もありますが、面倒なのでここでは
ロリコン=18歳未満も恋愛対象
小児性愛者=13歳未満だけが恋愛対象 とします。

近代になるまでは、人生が短く生殖(子作り)が優先されたので、女性は子供を産める12~15歳になれば結婚適齢期とされ、結婚させられた。 本来、男の本能としてはそのくらいから性の対象になるが、 性の対象として良い範囲は、社会的・文化的・宗教的に、相対的に変わるものだ。

https://togetter.com/li/1150676

ロリコンって昔は常識だったみたいです。小児性愛者とか幼児が好きな人もいるんです。

現代では20歳以上が成人なのでJKにあたる年齢層は昔の適齢期なんだね。

ではでは、

エンコーの相手となる大人の男性がどういう種類の人なのか?

こういうことが少しわかったと思います。

わかった人は手を上げてー(゚∀゚)

ちょっと頭良くなりましたか?

ちゃんと読めない漢字も調べて理解してね。

頭良くなったら次のステップへ行きましょう。

次は女の子が貧乏になっても生きるための知識です。

現代社会で生きるためにはお金が必要ですね。

貧乏になると大変だからね。

では、

若い頃エンコーしていた風俗嬢のお話

さて、ここまでのお話で援交の意味やエンコーのお相手の雰囲気は理解できましたか?

若い女の子をシバいて手なづけたい大人の男がたくさんいる現代社会です。

ここからは私、ヨゴレおじさんが知ってる風俗嬢や援交奥さんたちから聴いた超リアルなお話に入ります。

たくさん出会った女性たちと会話してた中で若い頃にエンコーしてた大人の女性が何人かいます。

意外と風俗嬢のお姉さんたちはエンコーとかしてないんでお話聞けた人数は少ないのですが、参考になるお話ですよ。

ここから先で何が言いたいかというと、

若いうちに簡単に何万円も稼いじゃうと将来まともに生きれないよってこと。

そういうお話だよ。

セックスを仕事として生きる女性たち

毎日いろんな男性とセックスする仕事。

そんな大人のお姉さん、お母さんたちから聴いたお話です。

貴重ですよ、

本当はお金払わないと聞けないお話ですよ。

では、

38歳Aさん(風俗嬢)の援交体験談

Aさんは16歳から18歳まで東京の池袋で援交してました。

今は38歳で風俗嬢です。子持ちです。

毎日平均で5人ずつ、いろんな男のお客さんのおちんちんをペロペロしゃぶるお仕事をしています。

咥(くわ)えるおちんちん1本処理して6000円がお給料として貰えます。

毎日6000円 × 5人 で3万円のお給料です。

月に20日働いて60万円のお給料が貰えます。

Aさんは言います。

「若い時はオッサン一人相手して3万円が相場、いい時は我慢すれば10万円とか貰えたし」

こんなことを教えてくれました。

おじさんはこの「いい時」がとっても気になります。

10万円貰える時ってどんなの?

聴いてみました。

注射打たれるねん

ということでした。

何の注射なのか?はここでは言いません。

  • お医者さんじゃない見ず知らずの大人に
  • 初めて会う頭のいいロリコンのおじさんに

薄暗いラブホテルで注射されるんです。

頭が悪い子供だから注射されちゃうんです。

ベッドの上で股ぐら開かれて太腿の内側に注射されるんです。

いろんな意味で痛そうですね。。

エンコーの平均相場が3万円なら7万円アップのオプションです。

頭のいい大人に言いくるめられると大嫌いな注射をされちゃうこともあるようです。

ちなみに、Aがさんは、本番行為が出来ない体になってしまったのでヘルス業で働いてます。

エンコー時代にいっぱい痛い本番セックスしすぎたのと、エンコーでややこしいお客さん相手してるうちにいろんな器具を使われて膣の中が危険な傷害をもってしまったそうです。指で触られるだけでも痛いけど挿入なければ頑張れるからとヘルス業を選んでるとのことでした。

この人右側の乳首が無かったのですが、これもエンコー時代の客に噛みちぎられたそうです。

若い頃の出来事だそうですが、人生で2回しか出来ない高額オプションだそうです。

普通の風俗店ではあり得ないオプションですね。

若い子のエンコーってすごいなと思いました。

以上、エンコーで手軽にお金を稼いでしまってその後まともな仕事には就けなかった女性。

10代でエンコーしたことでお金を短時間で稼ぎたい

そう思うようになり、その後、ずっと風俗のお仕事されてるお姉さんのお話でした。

続いてのお話、

この人のお話は結構ハードな内容です。

本来は18禁な話ですが、ここは日本では誰もヤッてくれない真実の性教育の場なので読んでいただきましょう。

では、

45歳で援助交際するBさんの体験談

Twitterで相手探してたけど、10代の若い子ばっかりで客とられへんねん。だからいろんなサイトで会える人探してるんだけど、なかなか。。今月は2人しか相手見つからなかったので2万円しか稼ぎがない。

わりとお金に切羽詰った奥さんです。

人妻と言ってましたがシングルマザーです。

ブサイクな方のお話です。

今から30年ほど前にブサイクでも女子高生は人気で儲かるから!とエンコーしてたそうです。

その後、20歳くらいからは風俗で働いてみたけどお客さんがあまりつかず、またテキトーに援交してたそうです。

援交してた相手の単価を上げるために生中でヤらせてたたそうです。

今も見た目は美人じゃないです。

どちらかというとブサイクです。

そんなBさんの人生話です。

では、

お金がなく貧しかった幼少時代

15歳の頃、母子家庭だから貧乏で高校にもいけず、就職もできなくてバイトしてました。

頭悪くていくつかのバイト先の大人に騙されてセックスさせられたり、世の中厳しいもんだと15歳で感じたそうです。

頭悪いながらも、世の中の男はみんな体目的なんだと学んだんです。

普通の仕事は給料安い上にオッサンにセックス迫られるので嫌気が差します。

世の中の仕事場って実際そういうの多いです。

下心もった男が頭の悪い若い女を性的対象として見てますからね。

ブサイクでも若い時は男が近づいてきます。

そんなこんなでBさんはいろんな大人にヤられちゃって、

どうせヤるならお金取り返してやろう!

という反骨心みたいなのが生まれます。

貧乏でしたからね。

Hな初体験が早い人ってこういうパターン多いみたいですよ。

そして歳を重ねます。

15歳~18歳でエンコーしてたけど、20歳超えてくるとだんだん客取れなくなる。

大人になってもお金には困っていました。

太ってるし、風俗でお金稼げないのもなんとなくわかる雰囲気の女性です。

美人じゃないからお金稼ぐためには生中させるしか方法がなかったみたいです。

同じエンコー女子の中でもプレミアムなオプションをつけることにしたんです。

生中というのはおちんちんコンドームをかぶせずに、膣の中で精子をぶちまけてもらうことです。

こんなことばかりしてたので仕事であるエンコー子供が出来てしまいました。

28歳の頃です。

20代でまだまだ若い頃(28歳)のBさんは女の子なので、デキた理由はどうであれ「授かりものの赤ちゃん」として産みます。

数少ない周囲の知人による反対を押し切って子供を生みました。

お父さんはたぶん、あの時のアノヒト?くらいしかわかりません。

女性は子供のためなら身を削る

女性って妊娠すると周囲が反対していても母性本能で子供を生みたくなるんです。

こんな妊娠でも、迷える出産でも新しい命の誕生です。

女性は子供が自分の命よりも大事なのです。

産み落とした子供が生きていくための経済力がなくても産むんです。

本能です。

貧乏で育てることが出来なくて、

お金がなくて堕ろすことも出来ずに生まれた子供は事情があって短命に終わることもあります。

母親が子供を堕ろすこと、短命で失うなんてことは自分が死にたいほど悲しいことなんです。

貧しくても産んでしまうことを責めてはいけません。

相手の男も、産んだ女性も社会に対する不満がある人間です。

誰が悪いとかではなく、オスとメスが共存する人間社会なのでこういうこともあるんです。

話がそれましたね、

では続きです。

シングルマザーになってからの援助交際

Bさんが28歳の頃のお話です。

エンコーや風俗で高給取りなバイトしか経験のないBさん。

当時は生きるために必死で、10代の若いエンコー娘に負けないために必死で、誘ったお客さんに中出しさせてました。

なので、授かりものの赤ちゃんは大事ですが、誰の子供かわかりません

アフターピル飲んだり、妊娠しないようにはしてたけど出来てしまう時はデキるんです。

そんな予定しない赤ちゃんを産みました。

しかし、Bさんも女性です。

女性は母性本能があります。

自分が産んだ赤ちゃんはとっても大事なんです。

大事な子供と二人家族になりました。

幸せな家庭とは言えませんが、一人で生きてきたBさんにとっては大事な家族です。

家族を持ってさらなる貧困へ

一人でも食べていくのが大変なのに、

どこも仕事に雇ってくれなくて

食べることも大変だからエンコーしてるのに、

大事な家族が増えてしまい、お金を稼ぐためにもっと頑張らないといけません。

頑張りたくても選べる仕事はエンコーしかありません。

しかたなく、Bさんはその後も援交を続けます

20代後半、30代と歳を重ねていくたびにお客さんは減ります

そもそも美人じゃないので客受けが悪いんです。

そして、

若い子には負ける。。

景気悪いからどんどん若い子が増えるねん

自分が若い頃エンコーしてたのでこの世界の競争がいかに激しいかもよく知ってます。

幼少の頃から裕福とはいえない生活をしていたBさん。

そんな貧困育ちの彼女だからわかる売春環境での競合度合いです。

そして、客単価を上げるため、

  • ゴムあり 1.5マン
  • 生中 2マン

こんな感じでオプション扱いで生中援交を続けました。

2度目の妊娠をします。

病院で堕ろすお金もないからなあ

ということでした。

3度目の妊娠

4度目の妊娠

きっと病院で堕ろすお金は無かったはずです。

ここから先は詳しい話は聴けていません

今、彼女の家族はお子さん一人です。

45歳になる今も生きるために頑張っています。

娘さんはすでに自立してるそうです。

娘さんが稼いでくるお金で生活してるそうです。

Bさんは、今もそれなりの場所で長くお付き合いできる男性を求めて探し続けてます。

こんな自分でも誰かに養ってもらえるなら、、と。

本当は男性の世話になりたい、家庭に入りたい女性なんです。

売春する女性を助けるのは紳士だけ

オジサンはこういう話をいっぱい聞いてるので、成人による事情がある売春自体は悪い行為とは思えないのです。

もちろん売春は法律では禁止されてるんですよ。

売春防止法というのがあって大人でもやっちゃだめなんです。

やっちゃうと女性が罰せられる法律なんです。

  • 生きるために仕方なく、
  • 誰も助けてくれないから仕方なく、
  • 私は美人じゃないから仕方なく
  • 生まれが貧乏だから、、

援交をする30代40代女性。

援交するいろんな理由を聞いてると、誰にこの苦しみをぶつけていいのかわからなくなります。

でも生まれながらの貧乏で仕方なく、

離婚してお金に困ってしまい、仕方なく売春してる人も多いんです。

売春する女性とその理由

おじさんが知ってる限りでは、

子供を育てきるために売春してる女性がほとんどです。

自分と同じように貧乏だと進学校へ行っていい将来を迎える確率は低くなりますからね。

お母さんは子供のために頑張ってるんです。

お父さんがいないとか、お父さんがお金くれないとか、だいたいみんなお金に困る理由持ってます。

生まれ持って貧乏な子供もいますが、

若い頃に、生活水準高めな経験をしたり、特に10代でエンコーして稼いじゃうと、普通の仕事が馬鹿らしくなります

10代でエンコーしちゃうとこうなる

社会に出れば安月給の職場でも男がカラダ目的で近づいてきます。

普通に月給15万とかで働く職場で男に迫られると

なんでオマエと付き合わなあかんねん!金払えやボケ

みたいな発想になってしまいます。

同時にね、だらだら長時間働いて貰えるお金はオジサン相手の5人分ほど

アホらしくて普通の仕事できないという発想になっちゃうんですよ。

だからお金欲しい時にまたエンコーする。

風俗の面接いってちょっとだけ稼ぐとか

安易にお金を稼ぐ方向に動いちゃう。

だからまともな結婚とか出来にくい。

ちゃんと一生世話してくれるような男性と出会えない。

ちゃんと一生世話してくれるような男性を好きになれない。

その結果、30代、40代で若い頃には経験できないようなマジ貧困に出くわす人生になります。

大人になってからの貧乏はマジつらい

30代、40代でお金に困っても誰も助けてくれません。

30代、40代になり、

貧困で高齢者社会の日本では親も親族も助けてれる人はいません。

せめてお金に余裕のある紳士的な男性が助けてほしい。

そう思うのも自然なのではないでしょうか。

これが主婦援交などと言われる30代40代50代の援交現場でみた一つの例です。

ちなみにオジサンは60代で売春するお姉さんも知ってますよ。

大人の方がお金に困ってる女性多いんです。

では、

大人になってお金に困った女性の生活について。

貧困が招く女性の厳しい現実

ヨゴレおじさんは、お金に困ってる女性を見ると助けてあげたくなります。

お金に困ってるいろんな女性とお話をしたら募金してあげたくなります。

アフリカ難民がどうのこうの、、の募金も助けてあげたいですが、日本社会が生み出した貧困層もかなり具体的にしんどそうです。

  • やたら離婚する現代社会
  • 未婚で出産せざるを得ない現代社会

これが今の日本です。

好きになってセックスする時に

  • 一生私だけを愛し続ける保証のある男性
  • 一生生活の世話してくれる保証のある男性

こんな保証付きの男性っていますか?

あんまりいませんよね。

現代は生まれてきたときから女性にとって厳しい社会なんです。

男を好きになっても、

好きな男と結婚しても

どっかで破綻するんです。

恋愛でも結婚でも妊娠していても

なかなかの割合で破綻するんです。

それが普通とされるこの社会に産み落とされた女性もまた貧困へ向かいます。

貧困ですから募金が必要なんです。

本当にたくさん、お金に困って売春するお母さんたちからのお話を聞きました。

難民に募金するなら私にちょうだい!

なかなか印象的な言葉でした。

人前では強く明るく生きてはります。

女性が貧困化する人生のターニングポイント

女性が貧困に陥るターニングポイントみたいなのがあります。

おじさんが知ってるポイントはこんな感じ。

  • お父さんが誰かわからないまま育った女性
  • 生まれながらの家が貧乏で育った女性
  • 突然お父さんがいなくなって超貧乏になった女性
  • ご主人が借金を残してトンズラした奥さん
  • 会社経営してたのに旦那が騙された奥さん
  • 自営業で好き勝手する旦那に愛想つかした奥さん
  • 普通に幸せそうな4人家族からの離婚女性

本当にいろんな女性とお話をしました。

生まれ持って貧困になってる人もいれば、結婚して貧困になる人もいる。

離婚して貧乏になる女性もいれば、憧れの先輩と付き合って若いうちにボロボロになってる女性もいます。

すごいでしょ、

人間それぞれ事情があります。

こんなお話をいろんなお母さんたちから聞きました。

そしておじさん、

いろんな大人の女性と話をしていてわかったことがあるんです。

それは

女は本当にお金に困ったら売春するということ。

本当に困ったら、、です。

そんなことを彼女たちから学びました。

子供のため、愛する旦那のため、親のため、家族のため

女は誰かのために必死になる時があります。

必死で子供を育てようとするお母さんたち

離婚して、子供がいて、

誰も助けてくれないお母さんです。

本当に困ってるんです。

女性は本当にお金に困ったら体を売ります

本当にお金に困ることって今の日本で考えられますか?

極限に困るんですよ。

おじさんは考えられなかった。

普通に働いてる人には理解できないです。

本当にお金に困った事がある人間の気持ちは関係ない人にはわかりません。

彼女たちに教えてもらうまで「日本に実在する本当の貧困」なんて考えられなかった。

彼女らの苦悩は想像もつかないくらい厳しい。

私達は裕福で簡単に暮らせる世の中で生きれてるんです。

日本に感謝です。

しかし、離婚後の貧困度合いときたら、少なくとも普通の仕事やバイトで雇って貰えてる人にはわからない貧困です。

バイトもできない、雇ってくれる仕事先もない、

そんなお母さんがいるんです。

生活保護の申請が面倒すぎてそれも貰えてない人がほとんどです。

こういう女性は後天的な貧困女性と言います。

おじさんが勝手にそう呼んでます。

生まれながらの貧困と後天的貧困

普通の家庭に生まれた子供はこうです。

  • 親が雨風しのげる家を用意してくれてます。
  • 食べるのも親が用意してくれます。
  • 着るものも親が用意してくれます。

それが普通ですよね。

でも、そんな

  • 雨風しのげる屋根が無い
  • 食べるものが1週間無い
  • 着るものを貰える人もいない

そんなお子さんもいるんです。

本当にいます。

そんなお子さんが育ち、お金をかせげる年齢になるとどうするか?

学識もない、生きることに希望もない、

助けを求める人もいなければ、

誰に助けを求めていいかもわからない

世間ではこういう子供をバカだの頭悪いだのコケ下ろします。

  • どうやって飯食えばいいのか?
  • どうやってこの寒空で生き延びようか?
  • そろそろ服も替えないとボロさがヤヴァイ

そういうお子さんが選ぶ道は一つ

犯罪とされる行為です。

売春行為や児童による援交もやむを得ない選択肢になっている部分もあるんです。

生まれつき貧乏で周囲に助けてくれる人がいない子供はこういう方向にしか助けを求めにくいんです。

アウトローな人たちでも神的存在

男は生きるために必要なものを奪う

女は生きるために自らを傷つける

私がお姉さんたちと話していてわかったことはこういうことです。

男の子は

困り果てて困りはてて万引きや強盗をする、

あるいはそういう犯罪行為を資金源とする団体に助けを求める。

女の子は

困りに困り果てて
誰にも助けを求めることが出来ず体を売る。

親にも学校にも誰にも頼れない、

そんな悲しいほどに貧しく寂しい状況で生きてきてますから、自分を人間扱いしてくれる人なら、法律上は悪いグループの人たちでも、親切で頼れる人になります。アウトローな人たちくらいしか彼女たちの心の安らぎを与えてあげれないのです。

苦しくて寂しくて悲しくて、

そんな生活をしてきた女性は抱いてくれる男性の救い(お金)に感謝の感情を持ちます。

私を人間として扱ってくれる、、

そんな喜びを感じる女性もいます。

たとえ援交でも人と人が接するわけです。

本当に貧困の中にいる人は、貧困に対する自覚はありません

アレがほしい、コレがほしい、

アレ食べてみたい、ここ行ってみたい、

そんな余裕コイたこと考える余地すら無いほど生きることに必死なのです。

これが生まれながらの貧困です。

後天的な貧困女性

後天的な貧困というのはこれ、離婚後の奥さんや若い時にエンコーしてしまってる女性などです。

離婚や未婚出産で子持ちになります。

子持ちなのであまり多く稼げる仕事はありません。

しかし、女は子供を守るためなら仕事以外でも収入、経済力を求めて異性を探します。

子供を持つ女性は自分を犠牲にしてでも子供を守ります。

それは恋愛や婚姻の中でも同じです。

  • 見た目が美しい人は裕福な男性と婚姻関係を結べます。
  • 見た目が美しくない女性は誰も助けてくれません。

見た目うんぬんは抜きにしても、

普通に生活する経済力がある男性に
婚姻関係を持ってもらえない女性
は数え切れないほどいるのです。

男が稼いで女が家庭をも守る世の中ではなくなってる現代です。

バリバリ稼ぐ女性が増えたこの現代社会の裏側には男性のために家庭を守るほうが向いてる女性たちが堕ちていく現実があるようです。

彼女たちの理想は家庭を守り、子供を育て、ご主人をいたわりたい。

そういう願望がある女性らしい女性です。

子供を抱えて母子家庭になったお母さん。

そんなお母さんの中でも援交するような女性は子供のために自ら傷つき身を切る女性です。

家庭を守らせたら一級品の古き良き日本の妻になれるのではないでしょうか?

離婚したら援交するしか路がない女性たち

30代、40代で援助交際してる女性は風俗店に勤めることすら出来ない女性たちです。

見た目やスタイルがそこそこ男性ウケする女性は風俗で働けます。

しかし、援交してる女性は正直、見た目は美人と言える方は少ない。

彼女らも最初から援交なんてするタイプの人ではないんです。

もともとはそういう環境にはいなかった。

しかし人生は長い。

生きてるうちに悲しいことが起こります。

  • たまたま恋して結婚した相手が仕事でコケたり、
  • たまたま結婚した相手が病気になったり
  • 子供が出来た途端、旦那が浮気したり
  • 婚姻なしに子供を産んだ
  • 幸せだった家庭が崩れた

とさまざまなキッカケはありますが、多くの場合旦那さんの金銭的サポートのある家庭がなくなり、離婚、自立したため貧困への道がスタートしています。

自立しようとしなくても離婚でシングルマザーになり子供のためやむを得ず援交する女性が多い。

これが現実です。

若いうちに
簡単にお金稼いでしまったばっかりに
普通の仕事につけなかった。

JK諸君へ

JK諸君、

エンコーするとまともな彼氏を好きになれなくなるよ。

エンコーすると安月給で幸せを感じ取れなくなるよ。

少ない給料で生きると

そのぶん生活は苦しいかもしれない。

少ない給料で生活苦しいと感じることもある。

でもね、

これって若いときにしておくことだからね。

安月給でも一生ちゃんと世話してくれる男性はいるからね。

変に若い時にお金を荒稼ぎすると、

大人になってから突然ピンチになったとき、また安易な方法へ進みそうになるよ。

それって、貧しい子供を産むことになるかもよ。

大人の貧困女性が苦しむ環境が広がれば、貧しい子供がより多く生まれそうだよね。

今の社会では仕方ない流れなのかな。

ここまで読んでくれた未成年の子どもたちへ

君たちは未来を担う人間です。

困った時は国が助けてくれます。

子供の貧困は公共機関が助けてくれます。

24時間子供SOSダイヤル 

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/06112210.htmhttp://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/1306988.htm

子供なのに援交しか生きる道がない

なんて思うほどお金に困ったら相談できる大人に相談しましょう。

相談するべき大人に相談しましょう。

20歳未満ならお話を聞いてくれるよ。

この電話相談は文部科学省や地域の警察がやってるとこです。

自分の悩みに応じて電話する先はいろいろあるけど、お金にことで悩んでるならこういうところに聞いてもらうのもいいよ。

どこまで人の悲しみを知ってる大人が出るか?はわかりませんが、Twitterやネットで見知らぬオジサンに相談するよりがマシなはずです。

お金に困って援交する前に、必ず相談してみようね。

遊び半分でエンコーしたい女の子へ

贅沢したくてエンコーするお嬢さんたちへは
オジサンちょっと言いたいことがある。

最初の方に書いてある頭のいいロリコンの大人に何をされるのか?

いま一度よく考えてから自分のこれからの人生をよく考えてみましょう。

本当にお金に困ってる子もいるんですよ。

遊ぶお金とかは後回しでいいんじゃないかな?

今は、いい将来のために自分を守ろうよ!

おじさんは思うのです。

君たち若者は、

やるな!

といわれると、やりたがるでしょ?

だからオジサンはやるな!とは言いません

でもね

おじさんは長く生きてるので世の中のコワイところをいっぱい見てきました。

エンコーなんかずっとしてると、

いや、1回でもエンコーでお金なんかもらっちゃうと、

年を取ってから今想像しても理解できないようなしんどい生活になるかもよ。

そんな年を取ってから襲ってくる人生の怖さ

今は全く想像つかないと思う。

でもね、若い時エンコーしてた人とのお話で聞いた悲しい現実。

そういうのを知ってもらいたいなぁと思って、ここに知ってることを書いてみましたよ。

コレが全ての現実ではないかもしれません。

エンコーは贅沢するためにやるならバカバカしいかな。

将来起きる大変な生活のほうがキツイよ。

いい大学とかイカなくてもいいから変なことはしない。

そういう考えでいいんだよ。

エンコー覚えちゃうと厳しい将来になるかもしれないのに、わざわざ今、頭のいいロリコンオジサン相手に怖いことをするのもどうかと思うよ。

とりあえずエンコーしてみようかな?と思ってた貧困ではない女子高生諸君。

私は貧困じゃないと思える人は家に帰って頭を冷やしましょうね。

しなくて済むから。

そして、

マジで本当にお金に困ってる人

そういう女の子はまず国や地域の相談所に相談しちゃおう。

それでも無理なら、、

うーん、

おじさんは助けてあげれないからね。

でも、オジサンはあえて言いますよ

援交は若い子はヤラないほうがいい。

セックスは大人がするものだよ。

時給400円でもいいから
まずは働けるところで人生経験積みなさい。

おじさんはこういうことしか言えないかな。

探せば雇ってくれるとことはあるからね。

生きるためには贅沢言わない。

援助交際は

子供を産んで、子どもたちを育てるため、仕方なくやってる女性がいるんです。

未来ある若い子がするもんではないとオジサンは言いたい。

まだ10代の女子なら借金なんて無いでしょ?

今の悩みは大人の悩みほど重たくはないですよ。

大人の女は誰も助けてくれないけど生きろ

人間は死ねないから。

貧乏でも死ぬのは怖いから。

そして何より、

人間は死んではいけないのです。

婚姻生活という男性による金銭的サポートがない大人の女性は生きるためにいろんな男とセックスをする。

自由恋愛という名のもとに

経済力のある男性が家庭に迎えてくれるその日まで、行き交う男に頼り続けるしか無い。

誰にも頼れないから紳士だけが頼りになる日々。

そんな関係は原始時代からあるのです。

いつか会える頼れる誰かに出会える日まで信じて生きていきましょう。