風俗嬢の口説き方セフレになって店外デートを楽しむ2つの方法

たまに風俗行くと、めちゃタイプの女の子に当たったりすることがある。

見た目がタイプというパターンもあれば、見た目はそうでもないけど体型がエロいとか肌がたまらんとか、とにかくセックスがめちゃくちゃ気持ちいい女とか。

そんな気に入ったキャストさんと仲良くなるために。。

まずは心得として

  • 彼女たちはお金のために働いている
  • 彼女たちは自分よりも稼いでいる
  • 仕事以外で無駄に男と接したくない

といった共通点があることに留意しておくべきです。

 

関連)現役風俗嬢に教えてもらった現実40代の事例で見る「風俗嬢をセフレに出来るのか?」

 

その上で、たまにうまい具合に気が合う女性との出会いもあるので、ベースとなるのは本当にお互いの相性があうかどうか?が大事です。

要は、月に数百万円稼いでる女性かも知れない人気嬢もいるので相手によってはパターンも多様化するわけです。貧乏人の男が近寄っても相手にされるはずもなく。。

というパターンもあります。

しかし、そうでもない場合もまれにあります。

では、

その上で手順的なものを。。

モテるため手順1 いい嬢を見つけたら指名する

基本中の基本です。

せっかくいい嬢みつけたのに、また新規チャレンジしてハズレ引く。

これの繰り返しは嫌だから

ハズレ引くことも多い風俗ですが、デリヘル、ホテヘルで指名した嬢が気に入った場合、また指名して行きますよね。

筆者は何度もハズレ新規をチャレンジするのが趣味でもあるのでハズレからもセフレ候補をピックアップしてますが、基本的には気持ちいい女と店外デートしたいと思ってます。

なので、風俗嬢と店外デートしたりセフレにしたい願望があるなら

  • 必ず指名する
  • 少なくとも1ヶ月以内に1度リピートする

この手順は踏んでください。

これさえしてれば仲良くなるベースはかなり強いものになってます。

たまに指名なしで来た子とたまたまフィーリング合って仲良くなることもあるけど、出来る限り指名するほうがゴールへの確率が上がります。

そして次のステップです。

初めて会う嬢と本番するパターンとプレイすらしないパターン

指名して現れた嬢。

とりあえず

1 ヤりたくなる女が来る場合

2 パネルとえらいちゃうやんけボケ!

と言いたくなるパターンに別れます。(実際に暴言は吐かないように)

1のヤりたくなる女が来た場合は優しく接して本番までやっちゃえばゴールまで近いです。風俗嬢と本番する方法はこちらの記事とか参考にしてもらえばわかりやすいはずです。

2のパネマジでヤル気失せるパターンが来た時。

実はこのパターンが意外と店外デートに繋がる可能性高かったりします。

嬢が好みではなく、というかヤル気失せるパターン。

  • なんか死神っぽいとか、
  • 会話が噛み合わないとか
  • あまりにも体型が好みじゃないとか
  • 病的な雰囲気があって怖いとか

だいたいそういう初対面の直感でヤル気失せる時があります。

筆者は選んだ嬢が出てきてパット見

あ、こりゃハズレだわ、、

と思ったらもうその場で今日はハズレと決め込んで喋りで時間つぶします。

そうなんです。

何もせず90分間喋るだけで過ごすんです。

深夜枠(23時とか0時の嬢の最終客)になった場合、この会話のみで過ごした嬢とその日のウチに店外デートしてセックスしちゃったことも2回ほどあります。その日のうちにやらなくても次に店へ行って指名してセックスして(当然本番まで)さらに仲良くなって休みの日にドライブがてらラブホでセックスする。

こういうパターンが多いです。

1の好みの嬢の場合は別記事を参考に本番へ持ち込んで口説いてみるといいですが、この好みじゃない女が来た場合の手法をあえて好みの女性に向けてやってみるのも成功率高い手法となります。

では、具体的なやりとりを解説します。

風俗嬢を指名してエロいことせず会話だけで時間を過ごす

文字通り、会ってから時間終了で帰るまでエロ行為まったくなしです。

タイプの子が来た場合に口説くわけですから購入した時間は目一杯使う必要があります。

最初に指名して

嬢がやってきたら

「うわ~、かわいい~」

「マジ、彼女なって欲しいタイプやわ」

などと軽いジャブで迎えます。

キャバクラと違ってヘルス嬢は褒められるのに慣れてません。

なので褒めると喜ぶ子は多いです。

部屋に入ってからも優しく

そして、部屋に入り嬢が風呂の準備などを始めます。

その間も、

「今日は忙しかったの?」

「この仕事長いの?」

「めちゃ人気あるやろ?」

などと嬢の仕事において差し支えの無い日常会話を質問形式で投げかけていきます。

場合によっては愛想の良い嬢がいるので、嬢のほうから一方的に

「お仕事帰りですか?」

「何のお仕事してるんですか?」

などと質問ばかり飛んで来ることがあると思うが、こういう場合は軽く返答するまでにとどめておいて、可能な限りこちらが彼女に対して興味がある用仕向けることが重要です。

つまり、なんとか切り替えしてこちらが質問する形へ持ち込む。

質問できる流れになれば以下のような例文を質問として投げかけていくといい。

「彼氏いるよね?」

「彼氏なりたいわ~(笑)」

「最近は仕事以外でいつセックスしたの?」

「セックスでどこが一番感じる?」

「穴でいけたことある?」

「クリではイクよね?」

「肌きれいやね」

「髪の毛きれいやね」

「声がいいわ、落ち着く」

「なんか優しい匂いするよね」

「子供いてるの?」

「子供生む前と産んだ後でセックス気持ちよくなった?」

「ほんまカワイイわぁ~」

「なんか落ち着くわ」

「昼の仕事とかしてるん?」

「頑張ってるよね~えらいわ」

「自分の彼女とデートしてる気分やわ」

「セックスしよっか」

と挙げればキリがないが、こんな簡単な当たり障りのない言葉で質問したり、適度に軽い褒め言葉を織り交ぜながら嬢を持ち上げていく。

風俗業というハードな接客業をしている嬢にとって仕事とはいえ出会う男性に優しく接してもらえれば悪い気はしない。

嬢はこう思ってる。

「はぁ~、嫌な客じゃ無さそうやわ、よかった」

そう、

嫌な客じゃないということをハッキリと認識させるのがプレイを始めるまでの手順。

これは本番へ持ち込む際に使う会話だが、この後プレイしない場合にも有効だ。

なぜなら、

基本的にセックスする方向での会話をしているから。

しかし、ここでは手を出さない流れに持ち込む。

接客業という大変な仕事で疲れてるんだろうなとねぎらう

ある程度会話がなごんできた。

社交辞令的な質問からはじめて、セックスについての感じる感じないなどの情報も多少は引き出せた頃。

風呂の準備などはやめさせる。

「俺、シャワーでいいからゆっくりしててね」

これは最初に言う言葉だが、嬢の動きをみて言えばいい。

要は会話メインの立ち位置に引き寄せることが必要なのです。

「こっちおいで」

とソファがあるならソファで横に座らせる。

ソファが無ければこちらがチェアで嬢はベッドに腰掛けさせてもいい。

とにかく半径1メートル以内で会話できる状態へもっていく。

近くに座って会話する状態になれば

さきほどの例文のような問いかけや褒め言葉を続けてあびせていけばいい。

その流れで、嬢が自身の仕事や普段の生活、あるいは家族構成や悩み事などを話しだしたら自由に喋らせてやればいい。

女は自分の話を聞いてもらえるとその相手に好意を持ちやすい。

仕事や家庭のこと、あるいは借金のことなどテキトーな話からリアルな話までいろいろ出てくるだろう。

こちらはただ聞いてやる。

話を聞いてあげながら

「えらいよね~」

「優しいよね~」

「強いよね~」

「ほんまかわいいなあ(笑)」

などと相槌を打つ程度にキッチリ反応してやる。

会話だけで終わる客も多い

デリヘルやホテヘルにはいろんな客が来る。

本番強要する嫌われ客もいれば、マグロのように横たわりまったく言葉を発しない客。

はたまた、やたらと自慢話ばかりする面倒くさい客など。。

そんな客の中には風俗なのに全くエロいことをせず会話だけ楽しんで帰る客も少なくない。

そしてそういうオッサンに限って嬢を普通にセフレにしている。

これホントの話。

つまり、多くの嬢も会話だけで勤務時間終わらせれる現実があることをよく知っている。

ホテルに入って15分も会話だけの時間がすぎれば

「シャワー浴びる?」

とか

「そろそろ急ぎます?」

などとプレイをせかく義務感から出る行動にいたる真面目な嬢も多い。

しかし、10分ほど会話が進んだら、そのまま会話だけで終われる客だと見切られている場合もある。

今回はここに注意したい。

会話だけで終わり、デートに誘い出すこともなく、エロいサービスもないまま帰ってそのまま忘れられる。

これは一番悲しい。

とりあえず会話する雰囲気ができたのだから彼女にとって居心地のいいオッサンだと思われるよう誘導する。

嬢が仕事以外で会いたいと思わせる簡単な話術

さきほど挙げた例文のような質問や褒め言葉で会話が進めば、お互いの仕事の話とか好きな食べ物の話などに進みやすい。

好きな食べ物は何?

焼肉好きか?

寿司行かへん?

など、食事をイメージさせる会話をっす埋めるのが無難。

「仕事先の近くにけっこう美味しい焼肉屋があってね」

とか

「ここからちょっと離れたとこにいい寿司屋あるで」

など、

一般的な女性を誘う時と同じように「食事」に誘い出す会話を始めればいい。

「ところで今、お腹すいてる?」

など、リアルタイムで空腹なら

「このあとメシ行こうや、お酒のむの?」

など直球で誘うのもあり。

筆者はこういうパターンも使う。

「ホストクラブ行ったりするの?」

というパターン。これは人妻店ではなく若い子のヘルス嬢に多いパターンです。

嬢がホストクラブにハマってる場合だと、このプレイ時間終了直後からホストクラブ直行だ。

ホストクラブをおごってあげれば(だいたい1万円くらいで済む)その後はしょっちゅうLINEでお誘いが来る関係になる。

ホストクラブ奢って朝まで飲んで疲れた女を抱く。

朝からセックスするパターン。

まあ、店外でセックスできるがこれはこれでこっちも体力的にしんどい。

オススメはやはり普通に食事に誘い出すパターンだ。

プレイ時間中に空腹ではなく、

「今は大丈夫」

などと食事の誘いを断られたらとりあえずそれはそれでいい。

甘いもの好き?、お菓子好きなの有る?など軽い質問を加えて

「じゃあ、今度来る時もってくるわ」

とリピートする方向に意識を向けるといい。

一度目のプレイ時間が会話だけで終わった場合

その日のウチに誘い出せればラッキーだが、そうそう確率が高い出来事でもない。

会話だけで終わる別れ際には必ず

次はお互い見つめ合って彼氏彼女みたいなセックスしよな

などと次会う時はセックスさせてくれるよう釘打ちしておく。

1回目が会話だけで終わったら、次は1ヶ月以内に指名してまた会いに行く。

 

そこではなんとか本番につなげるよう

「あれから何回セックスしたん?」

「あいかわらずクリちゃんで濡れまくるん?」

「今日はいっぱい舐めるで~(笑)」

「ほんま気持ちよさそうな娘やなぁ」

など

セックスする気満々な雰囲気を見せておく。

でないと、また会話だけで終わらそうとする嬢が多い。

ラブホに入り、シャワーの準備が済むまで前回同様、社交辞令な会話を続ける。

そしてお互いキレイに洗ったらベッドイン。

前回会話を十分してるだけあって、嬢からすれば客は客でも

知り合いのような恥ずかしい感覚が残っている。

この恥ずかしい感覚を振り切ろうと明るく振るまって仕事に意識を戻そうとする嬢もいれば、会話しすぎて恥ずかしそうに普通の女の子みたいになるパターンもある。

どちらにせよ、優しいクンニで彼女がイクまで攻めまくる。

感じやすいパターンはこれまでの会話で聞き出している。

その会話に基づき攻めればいい。

感じまくった嬢に、

「一緒にきもちよくなろう」

と本番を誘えば、まあ100%オッケーだ。

ち◯こを挿入して

「かわいいなあ」

「きもちいいわぁ」

「痛くない?」

などセックス中も会話を忘れないよう頑張る。

筆者は早漏なので2分くらいで挿入は終わる。

なので前戯段階で可能な限り

「気持ちいい」

と彼女に言わせるようにしている。

 

この大事な一発目のセックスできっちりと中イキさせることも大事です。

クリでクンニでイカせるだけでなく挿入できっちりイカせる。

コレが大事です。

気持ちいいセックス相手

女にとって気持ちいいセックス相手は

「彼氏」「旦那」「浮気相手」

という信用できる相手のことだ。

好きな人あるいは信用してる人とでないとなかなかイクとまでは行きにくい。

風俗嬢でもそれは同じ。

前回の会話時間によって信頼されてる部分があるので少なくとも

「変な客」「嫌な客」「不信感のある男」

ではなくなっている。

初対面で会う男性と「仕事として」裸になって肌を合わせる。こういう仕事をしている彼女らにとって、「会話したこと有るだけの男性」は実はいつもの客とは全く違う存在になっている。

出会ってすぐ裸になってセックスするのと、過去に一度会ったことがある男性と再び会ってセックスする場合、

前者は普段の業務どおりで慣れてる。

しかし後者は本当に珍しい出来事。

喋りだけでリピートする客は多くても全体の10%に満たない。(いろんな嬢に聞いた事実です)

風俗客のうち全体の5%くらいが喋りだけで帰る客。

そのうち90%は二度とそんな喋りだけで終わった嬢を指名することはない。

嬢からすれば、前回会話だけで終わったのにまた指名してきた場合、

「また喋りだけで追われるかな」という楽したい期待感がある。

要は楽な客と思われてる場合があるのでそこを覆しておく必要もある。

「約束通りまた来たで~(笑)」

「会いたかった~」

今日はいっぱいセックスしよね~

といった感じで必ず今日はセックスするんだという意思表示が大事。

あとは先に述べたようにセックスすればいい。

実際のセックス自体はこの方法で十分。
中イキさせるSEX攻略法

客を少し超えた客

嬢からすれば本番した相手は一応お気に入りの客でも有る。
(違う場合もありますよ)

嫌な客にやらせるほどの嬢はかなり面倒くさがりのサービス悪い嬢だ。

少なくとも前回会話で盛り上げて、短期間でまた会いに来た客を嫌な客とは思わない。

ごくまれに鉄梨嬢がいるが、そういうのは風俗嬢全体の10%にも満たないはず。

なので一度会った男性と2度目に合ったときにセックスした。

こういう感覚が嬢の中に生まれる。

またリピートしてくれそう

そういう仕事的な願望が多く含まれるが、一人間として少なからず受け入れてくれてるのも事実。

要は、

この人お金になるな!

と思ってもらうことから始めるしか無いのです。

これが現実です、

2度目のプレイを終えてから

「お腹へってない?」

と聞けばいい。

「めっちゃおなかすいてる~♡」

と甘えた感じで帰ってくれば

「じゃあ、近所の回転寿司イク?」

これでオッケーだ。

かなりの高確率でプレイ後、

彼女は普段のメイクや服装に着替えてスマートな姿であなたの目の前に現れるだろう。

 

風俗嬢の普段の姿、

キャバ嬢の私服と同じように新鮮に見えるのは私だけでしょうか。

出し切ったはずの精子がまた急ピッチで製造をおっぱじめるのを感じ取れる瞬間なのです。

必ずしもセフレになるようなものではありませんが、セフレになりたいなら毎回それなりのお手当を用意すればより親密な関係になれる子も居ます。

ただし、そういった店外デートはお店では禁止してる行為なのでお気をつけくださいませ。

関連)現役風俗嬢に教えてもらった現実40代の事例で見る「風俗嬢をセフレに出来るのか?」